イチロー選手の活躍。

メジャーリーガーイチロー選手についてです。
私は野球の素人ですが、観戦することが好きでテレビの中継や
ニュースで目にする機会が多々あります。

今年、ついにメジャー最多安打記録をもつピート・ローズ選手の
安打数を超えました。日米通算ということで参考記録では
あるのですが正直、とんでもない記録だと思います。

ここ数年では打率が中々上がってこれずに自分でも
驚きを隠せないというくらいのものだったみたいです。
しかし、今年に入ってからは高打率をキープし続けてファンを
魅了しています。数年の成績から「もう引退か。」と言っていた
ファンが復活したと驚きをあげているとの話もありました。

今現在、イチロー選手は42歳です。
ここまで現役一本で活動し続けさらに活躍し続ける選手は
ほとんどいない思います。

このままイチロー選手らしく限界を更新続けて、
宣言通り50歳になってもプロ野球選手として活躍してほしいと
感じました。

もしかしたら50歳を過ぎてもプレイしているかもしれません…笑

これからの女性の消防団

今回、友達に誘われて女性の消防団に入隊してみようと思いました。
東北や、熊本などで震災があり、男性消防団が活躍しています。
いつ、私たちが暮らしている町でも震災があるかわかりません。万が一震災がおきた時、お年寄りや子供など、女性目線で接して安心して頂けるよう、女性の消防団も必要なのだと聞き、やってみようと思いました。
まだ発足して間もないので、具体的な活動内容は決まっていません。
登録をし、制服が支給され、これからの活動に参加していくみたいです。
震災はいつ起こるかわかりません。消防の知識があれば、いざ震災が起こった時に、みんなの役に立てると思います。
震災が起こらなくても、防災の知識など身に着け、周りに広めていく事も出来ます。
小学校や幼稚園に行って、小さな子供に話も出来ると思います。
まだまだ、登録している人数は10人にも満たないので、どんどんこの話題を広め、少しでも多くの人がそんな活動があるのだなと理解してもらえたら嬉しいと思います。

車を車検に出して困ったこと

去年、知り合いに中古車を譲ってもらいました。私が乗っていた車は10年目で、そろそろ買い替えようと思っていた時に知り合いが車を買い替える事を知って今、乗っている車を譲ってもらう事になりました。私の車は10年前の古い車でカーナビも何もついていませんでした。しかし譲ってもらった車はカーナビやバックモニターがついている最新式の車でした。特にバッグモニターは車庫入れが下手な私には、とても便利な機能です。もちろんカーナビも方向音痴な私には必須アイテムになりました。
知り合いから譲ってもらって半年が経ち車検の時期になりました。
いつもお世話になってる人に車検を頼むと前の車より車検の費用は高くなるから!と言われました。
嘘!お金足りるかしら?と心配になりました。しかもタイヤにヒビが入ってるから交換するねと言われて一体、車検のお金はいくらになるのか?請求書を貰うのが怖いです。
でもタイヤは交換しないと、もしパンクして困るのは私です。
あーもう少し車検のお金を貯めておけば良かった。今さら後悔しています。
さらに!知り合いから代車がないと言われて本当に困りました。うちは自営業なので車がないと困るのです。しかし、そのお陰で車検費用が、ちょっと安くなってました。何とか貯金をおろさなくても車検費用を払う事ができました。次の車検までには、ちゃんとお金を貯めておこうと思いました。しかし車の保険のお金も貯めねば!はぁー車って本当にお金がかかります。

なんでもない毎日がとっても幸せ

専業主婦、31才、子ども3ヶ月。毎日家事と育児であっという間に過ぎていきます。
ニュースは今日も昨日も同じようなことばかりで、きっと明日も同じようなことばかり。とりあえず、熊本の地震がこれ以上続かなければいいなと思うばかり。
朝起きて子どもにミルクをあげて、あやして、寝かしつけて、洗濯して、掃除して、自分のご飯食べて、起きたらまたミルクをあげて・・・のエンドレスな一日。でも子どもの笑顔を見ると、なんだか笑っちゃって癒されちゃって、幸せ~な気分になります。寝顔を見てるだけでもかわいくて、微笑んでしまいます。
子どもに癒されるだけでなく、ふと、主人に感謝しなきゃなと考えます。以前は共働きで、自分のものは自分のお給料で買って、生活費も折半という生活が当たり前でした。今は働きもせず、ずっと家にいる私と子どもを養ってくれてるんだと思うと、胸が痛くなるような申し訳なくなるような、ただただ感謝の気持ちでいっぱいになります。
子どもも主人も私も、元気で毎日笑って過ごせている。こんななんでもない毎日が、とっても幸せで、ずっと続けばいいなと心から思います。

車離れの進行と自動車業界の今後について思う

不景気の影響を受けて新車の販売台数が年々減少してきています。新車の販売の多くが低価格なコンパクトカー、軽自動車となりつつあるのですから各メーカーも必死になっている事でしょう。不景気の中消費税が8%に上がり更に10%にまで上げる可能性があるのですから驚きです。他にも消費者の生活を圧迫していく増税が施されているのですから自動車メーカーに限らず全ての製造メーカーは苦しい立場となっています。
自動車業界が近年特に力を入れているのがハイブリッドカー、または電気自動車となっており環境を意識したこれらの開発には更なる向上を期待したいところであります。今はまだ普通の車のよりも数段高いハイブリットカーや電気自動車ですが、研究が進んでいく事で私達消費者にも手の出しやすい価格になってくるはずです。ガソリンに依存しなくて良くなれば原油価格の変動に左右されなくなり安定した燃料給油(充電)をする事が出来るので消費者としては喜ばしい限りです。一日も早い低価格化を実現して欲しいと願わずにいられません。
自動車が一家に一台から一人に一台となり、それから現在は車離れが進んでいます。少子高齢化によって若者の割合の減少も影響しているのでしょうけれど、この車離れを更に加速させない為にもエコカー減税のように国が働きかける必要があります。車を乗らなくなった方々に「車が無くても平気」と認識が根付く前に手を打つ必要があるのではないでしょうか。